日本書紀研究会


トップページ 日本書紀研究会とは 『日本書紀研究』 例会 入会手続き・連絡先 原稿募集・執筆要項 お知らせ リンク集

「日本書紀研究」( 塙書房 刊)について

現存史籍最古の峻峰『日本書紀』を考古学、民俗学、文化人類学等、 学的な関心により多側面から検討、
高峰を極める歴史家の直截犀利な各論文を収める。各A5判毎年1回発行予定

<第32冊>日本書紀研究会編 (2017年11月発行)
292頁 定価 9,720 円 (本体9,000 円+税)
ISBN:978-4-8273-1532-5
Ⅰ部(研究の現状と課題)
犬養氏と犬養部の理解に関する現状と課題生田敦司
『古事記』『日本書紀』の開発記事について
―七世紀以前の開発史研究の現状と課題―
上遠野浩一
三角縁神獣鏡研究の現状と課題西川寿勝
Ⅱ部
四世紀後半における九州とヤマト政権
―佐紀陵山古墳タイプの古墳出現の歴史的意義―
宇野愼敏
大来が奉仕した伊勢神の性格―斎王を手がかりとして―中井かをり
高分解能古気候データを
『日本書記』の解釈に利用する際の留意点
中塚 武
飛鳥時代の大型方墳―蘇我本宗家と榛原石―長谷川恵理子
律令国家形成期の天皇観とミカド長谷部寿彦
古代外国使の迎接と客館八木 充

<第31冊>日本書紀研究会編 (2016年8月発行)
328頁 定価 10260 円 (本体9500円+税)
ISBN:978-4-8273-1531-8
春日山田皇女の伝承に関わるミヤケと春日部生田敦司
天武・持統から律令施行期の諸王について
-大宝二年に辞訟した五世王より-
内田正俊
神話の出雲と歴史の伊勢榎村寛之
大化改新の実像神崎 勝
ツヌガアラシト説話の赤絹の象徴性
-赤色と太陽・海にかかわる祭祀をめぐって-
阪口有美子
蘇我氏の墓域に関する諸問題西川寿勝
『日本書紀』巻十三 安康天皇紀と安康天皇松倉文比古
大日下王と日下部 -名代成立論への一視角-渡里恒信

<第30冊> 日本書紀研究会編 第三十冊記念号(2014年11月刊)
384頁 定価:11880円(本体11000円+税)
ISBN:978-4-8273-1530-1
大和飛鳥の倭京誕生 (上田正昭)
記紀の成立過程について (神崎 勝)
『日本書紀』成立に関する一試案 (谷川清隆)
『古事記』における雄略天皇像をめぐって(塚口義信)
古墳時代の同一工房製小型銅鈴
   -中・後期における分布とその歴史的意義-
(中司照世)
乙訓の古山陰道 (中村 修)
古代日本における合議と王族政治 (長家理行)
養老名例律婦人有官位条小考
   ─日唐の女性官人に対する待遇の相違を中心に─
(成清弘和)
改新政府と難波大郡宮・小郡宮 (西本昌弘)
タカミムスヒの性格 (丸山顕徳)
不改常典と『日本書紀』の思想 (水谷千秋)
真人賜姓氏族について-近江・越前の「皇裔」を中心に- (渡里恒信)

〈第29冊〉日本書紀研究会編 横田健一先生追悼号(2013年10月刊)
312頁 定価:8925円(本体8500円+税)
ISBN:978-4-8273-1529-5
壬申の乱前における大海人皇子の勢力について(横田健一)
「靺鞨国」考(荊木美行)
記紀編纂時期の「ヌナカワヒメ祭祀」(内田正俊)
古代の楠葉をめぐる交通路(上遠野浩一)
天平期の日羅関係と『日本書紀』(新蔵正道)
大和平定伝承の形成(塚口義信)
紀伊国造の二つの画期(寺西貞弘)
後飛鳥岡本宮・飛鳥浄御原宮の建設思想についての考察(豊田裕章)
逆葺き攷(平林章仁)
天照大神と皇太(大)神宮(本位田菊士)
横田健一先生略年譜 

〈第28冊〉日本書紀研究会編 横田健一先生追悼号(2013年1月刊)
278頁 定価:7875円(本体7500円+税)
ISBN:978-4-8273-1528-8
「歴史家はうしろを向いた予言者」であるか(講演録の転載)(横田健一)
『日本書紀』の上毛野氏伝承(生田敦司)
日本古代国家の形成と河内政権(直木孝次郎)
伊勢大神と天照大神の関係―『日本書紀』区分論より―(中井かをり)
《山海の政》と人制(中村修)
継体天皇の大和入りを考える(西川寿勝)
評制の成立と終末(八木充)
横田健一先生著作目録 

〈第27冊〉横田健一先生米寿記念会編 (2006年6月刊)
315頁8400円〔2006〕4-8273-1527-2
稲・日本自生説の研究史的総括(千歳竜彦)
天日矛伝説と“河内新政権”の成立(塚口義信)
前期難波宮の小柱穴について―礼制からみた古代建築と裳階―(豊田裕章)
中大兄の名称をめぐる諸問題(直木孝次郎)
伊勢湾海民とヲワリ王権(中村修)
推古・皇極(斉明)女王に関する一試論(成清弘和)
驚いた巫女と恥をかいた神(平林章仁)
江田船山古墳太刀銘の政治的背景―磐井の乱との関連―(水谷千秋)
神武東征伝説の成立過程に関して(山中鹿次)
記紀神話の原像とヤマト王権の起源(若井敏明)

〈第26冊〉横田健一先生米寿記念会編 (2005年10月刊)
281頁7200円〔2005〕4-8273-1526-4
天津罪国津罪をめぐる問題(蘆田東一)
記紀の天皇と歴史像-記紀の外形的考察-(生田敦司)
古代の大伴氏と宗教(泉谷康夫)
継体天皇即位前紀に見える倭彦王をめぐって(荊木美行)
菅原道真と渤海使(上田正昭)
『記紀』編纂時の越から見た奴奈川姫
-ヒスイの女神は記憶されていたか-
(内田正俊)
淀川河口部における行基の活動について
-淀川下流部の地形と『行基年譜』に見える堀川-
(上遠野浩一)
七支刀銘文の再考察(新蔵正道)
弟国(乙訓)小考(住野勉一)
平清盛の兵庫経の島と(岡山)藤戸の経ヶ島のこと(田中久夫)

<第25冊>横田健一編
304頁7,140円 [2003]4-8273-1525-6
日本国号成立の外交的契機と使用開始期(新蔵正道)
継体天皇と樟葉宮(住野勉一)
河内政権と日本古代の王権神話(直木孝次郎)
東九州海人族とキビ王権(中村修)
天武紀十三年「定諸国界」の解釈(中山薫)
『古事記・日本書紀』に描かれた中臣氏(松倉文比古)
『日本書紀』における孝と忠(水谷千秋)
垂仁紀(記)の架空、作為に関して(山中鹿次)

<第24冊>横田健一編
456頁10,290円 [2002]4r8273-1524-8
尾張国造・海部・伴造・屯倉(上遠野浩一)
笠井倭人氏の『古代の日朝関係と日本書紀』批判(栗原薫)
仁徳皇女「波多毘能若郎女」ガ事(住野勉一)
今様の時代(千歳竜彦)
御年神・大年神の形成過程(中村修)
三輪君逆についての一考察(中山薫)
戸令応分条の比較研究(成清弘和)
聖徳太子法皇倭王論(半沢栄一)
日本書紀における敏達天皇と推古天皇の記載(水野柳太郎)
中期大和王権の開始と始祖に関する覚書(山中鹿次)

<第23冊>横田健一編
376頁8,610円 [2000]4-8273-1523-X
尾張氏系譜に関する若干の考察(上遠野浩一)
摂津国闘鶏氷室と額田大中彦皇子(住野勉一)
日本古代史の再構成への序説(千歳竜彦)
ホムタ・オシクマ戦争(中村修)
記紀の嫉妬讃と律令の「七出」について(成清弘和)
『三国史記』・倭国更号日本の史料批判(秦政明)
「古代天皇家」の社会史的実像(半沢英一)
前方後円墳造営中止の文化的政治的背景(山中鹿次)
地方王族の形成と大王領(若井敏明)

<第22冊>横田健一編
310頁6,825円 [1999]4-8273-1522-1
近江遷都と壬申の乱(亀井輝一郎)
辛酉紀年と一年両分性(栗原薫)
県主系后妃紀と王統譜(黒田達也)
石衝別王者羽咋君三尾君之祖(住野勉一)
下道臣前津屋事件の解釈(中山薫)
『古事記』は未完の書である」再論(秦政明)
倭人伝の短里と中国古代天文学(半沢英一)
神功皇后伝説の形成と住吉大神(前田晴人)
前期大和大権に関する二、三の考察(山中鹿次)
『日本書紀研究会』発足のころ(安井良三)

<第21冊>横田健一編
492頁10,185円 [1997]4-8273-1521-3
鵤大寺考(田中嗣人)
卜部の系譜(千歳竜彦)
桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳の被葬者について(塚口義信)
紀伊国名草郡の和名抄郷(寺西貞弘)
大宰府と存問(中西正和)
小野氏祖先系譜の成立(中村修也)
『懐風藻』大友皇子伝の解釈(中山薫)
久米氏族伝承の検討(長家理行)
日本古代王位継承法試論(成清弘和)
蘇我氏と葛城<覚書>(平林章仁)
仙人都良香考(松田智弘)
神武伝承と磐余(松前健)
明日香村の亀石伝説の背景(丸山顕徳)
吉野盟約と天智系皇族(水谷千秋)
倭建命の女人変身(守屋俊彦)
神話・民俗・神道(山上伊豆母)
継体:応神五世孫に関する諸問題(山中鹿次)
国県制の成立(若井敏明)
天孫降臨段の様相(若松博恵)

<第20冊>横田健一編
484頁 10080円[1996]4-8273-1520-5
酒船石遺跡と飛鳥京木簡(網干善教)
六・七世紀にみえる大兄の一考察(荒谷晶夫)
伊勢神宮の成立についての覚書(泉谷康夫)
『日本書紀』の伝説時代の新羅観(井上秀雄)
『日本書紀』系図一巻と皇親名籍(内田正俊)
雄略天皇像について(内海洋子)
皇極紀三年条の祥瑞記事について(江畑武)
任那・加羅・伽耶と倭(角林文雄)
大化前代の修正崩年(栗原薫)
和珥氏関係系譜についての再検討(黒田達也)
志賀山寺の「官寺」化と仏事法会(櫻井信也)
天武朝の対外関係と小高句麗(新蔵正道)
太子菟道稚郎子のことども(住野勉一)
「鼓吹」楽のゆくえ(竹居明男)
『日本書紀』の成立(千歳竜彦)
持統紀の人名表記について(中山薫)
随想/三品先生の思い出(直木孝次郎)
発足当時の思い出(井上秀雄)

<第19冊>横田健一編
478頁 9975円[1994]4-8273-1519-1
色を指標とする古代の身分秩序について(内田正俊)
高句麗広開土王碑文にみえる各国の戦略(角林文雄)
律令官司制の成立と品部・雑戸制(寛敏生)
三関について(胡口靖夫)
近江国の物部氏(住野勉一)
『日本書紀』地名起源説話考(根川幸男)
壬申の乱をめぐる古代貴族の改賜姓(本位田菊士)
古代河内の反乱伝承と三野県主(前田晴人)
久米氏についての一考察(松原弘宣)
武烈天皇に関する諸問題(山中鹿次)

<第18冊>横田健一編
398頁 8190円[1992]4-8273-4-1518-3
天武天皇の出自と神格化について(加藤洋子)
中臣烏賊津使主と弟姫(亀井輝一郎)
近江遷都の構想(胡口靖夫)
継体朝序説(住野勉一)
日本古代の顔面装飾とその系譜(辰巳和弘)
百済大寺に関する基礎的考察(塚口義信)
土師氏の伝承と儀礼(平林章仁)
日本書紀継体天皇即位条の研究(水谷千秋)
素菱鳴尊と新羅明神(宮井義雄)
振媛の桑梓(米沢康)

<第17冊>横田健一編
468頁 8925円[1990]4-8273-1517-5
律令官制成立をめぐる二、三の問題(荊木美行)
大化三年七色十三階冠位制度の服色について(内田正俊)
物部の楯を巡って(榎村寛之)
推古紀堅塩媛改葬の記事について(遠藤順昭)
応神以前の紀年(栗原薫)
オシサカノオホナカツヒメと
雄略天皇についての系譜的考察
(黒田達也)
文字の考古学(千歳竜彦)
邪馬台国位置論争の学史的総括(西本昌弘)
土左大神考(二宮正彦)
有間皇子の変について(平林章仁)
神武東征伝説の一考察(本位田菊士)
天の香具山の土(守屋俊彦)

<第16冊>横田健一先生古稀記念会編
宗教・思想編
―横田健一先生古稀記念―
346頁 品切 [1987]4-8273-1516-7
「壇」について(芦田東一)
物部氏と宗教(泉谷康夫)
天神と二種の地上の混沌(大林太良)
日吉神社と天智朝大津宮(岡田精司)
持統五年十一月戊辰条について(加茂正典)
継体崩年と仏教公伝の紀年(栗原薫)
室生寺と竜穴神(竹居明男)
薬師寺東院堂聖観音像造立考(田中嗣人)
土師寺考(坪之内徹)
古墳と黄泉国(土生田純之)
聖徳太子と敏達天皇後高王族(平林章仁)
『聖徳太子伝暦』編年考(光川康雄)
記紀神話の伏流(むしゃこうじ・みのる)
三論から法相へ(森田康之助)
持統天皇の葬礼について(安井良三)
日本書紀神代巻の一書について(山田英雄)
古事記上巻の"神語"について(吉井巖)

<第15冊>横田健一先生古稀記念会編
政治・制度編
―横田健一先生古稀記念―
368頁品切 [1987]4-8273-1515-9
近江と古代国家(大津透)
『天皇』号の始用時期をめぐって(大和岩雄)
上宮王家と中大兄皇子(亀井輝一郎)
播磨国の石宝殿と石作氏(北垣聰一郎)
律令軍団制の成立過程と陣法(胡口靖夫)
家形埴輪考(辰巳和弘)
野皇女と吉野の盟約(寺西貞弘)
平城宮諸門の一考察(直木孝次郎)
皇位纂奪伝承の分析(楢崎干城)
古代親等制小考(成清弘和)
『出雲国風土記』島根郡家の比定(服部旦)
欽明朝における倭と百済との関係についての一考察(日野昭)
中臣氏系譜について(松倉文比古)
古代出雲の杵築と意宇(八木充)
三国史記に見える新羅の五廟制(米田雄介)
横田先生略年譜著述目録

<第14冊>横田健一編
292頁5,775円 [1987]4-8273-1514-0
納言官の変遷について(荊木美行)
原新嘗祭と殖宮儀礼(大前栄美子)
上代の紀年(栗原薫)
初期大和政権とオホビコの伝承(塚口義信)
敏達天皇系王統の広瀬郡進出について(平林章仁)
持統朝における柿本朝臣人麻呂の位置(森田由記)

<第13冊>横田健一編
412頁品切 [1985]4-8273r1513-2
履中即位前紀(記)の神話的性格(泉谷康夫)
律令国家と畿内(大津透)
評里制の成立(角林文雄)
石上神宮と忍坂大中姫(亀井輝一郎)
日本上代の喪葬と歌舞・再考(竹居明男)
宇治橋架橋をめぐる問題(寺西貞弘)
古代総領制の再検討(中西正和)
継体紀の『五世孫』について(成清弘和)
奈良盆地に分布するクラ関係小字名考(平林章仁)
御諸山と三輪山(松倉文比古)
倭建命の征討物語(守屋俊彦)

<第12冊>横田健一編
358頁品切 [1982]4-8273-1512-4
天武天皇と東漢氏(大和岩雄)
『日本書紀』成立過程に関する一考察(内田順子)
朝鮮式山城と神能石をめぐる諸問題(北垣聰一郎)
住吉大社神代記構成試論(酒井敏行)
『古事記』の三巻区分について(塚口義信)
石上神宮と忍壁皇子(寺西貞弘)
奈良前期の須恵器生産(中村浩)
日本古代の矛についての一考察(横田健一)
直木孝次郎先生著書・論文目録

<第11冊>横田健一編
340頁5,985円 [1979]4-8273-1511-6
鬼室集斯墓碑をめぐって(胡口靖夫)
「吉野寺縁起」の史料性をめぐって(竹居明男)
聖徳太子伝の整理(田中嗣人)
藤原宮式軒瓦とその分布(坪之内徹)
古代の皇位継承について(寺西貞弘)
大后についての史料的再検討(成清弘和)
摂政制の源流(米田雄介)
大嘗祭に関する一試論(和田行弘)
『皇太神宮儀式帳』と『日本書紀』(横田健一)

<第10冊>横田健一編
354頁6,300円 [1977]4-8273-1510-8
難波の堀江・茨田堤・恩智川(角林文雄)
隼人狗吠考(高林實結樹)
香椎廟の創建年代について(塚口義信)
茅津山屯倉に関する一考察(中村浩)
「欽明紀」の『嫡子』について(成清弘和)
神武紀の旧辞と帰化人の参与(宮井義雄)
推古女帝と仏教(安井良三)
敏達朝から推古朝に至る政治過程の分析(中渡瀬一明)
古代における"名"尊重伝世の思想(横田健一)
横田健一先生略年譜・著作目録

<第9冊>横田健一編
500頁7,875円 [1976]4-8273-1509-4
『弘仁私記』序考(大和岩雄)
大和川と物部氏(亀井輝一郎)
『日本書紀』編年考(高林實結樹)
継体天皇と息長氏(塚口義信)
聖徳太子登場の背景をめぐって(中渡瀬一明)
初期食封制について(西川重幸)
日本と天皇(肥後和男)
膳氏の伝承の性格(日野昭)
『日本書紀』のいくさがたり二(むしゃこうじ・みのる)
古代伝承における二つの問題(森田康之助)
軽太子と軽大郎女(守屋俊彦)
もう一つの道制試論(山田英雄)
日継の形成(横田健一)

<第8冊>横田健一編 三品先生追悼記念
454頁6,720円 [1975]4-8273-1508-6
物部・中臣二氏の居地に依る交友関係の可能性(池田源太)
中国史書における百済王統譜(笠井倭人)
方格地割の展開(岸俊男)
猿田彦考(柴田実)
雑揺の成立について(直木孝次郎)
倭氏考(楢崎干城)
岐美神話と洪水型兄妹相姦神話(服部旦)
七世紀中期における政権抗争(八木充)
物部氏祖先伝承の一考察(横田健一)

<第7冊>横田健一編 三品先生追悼記念
362頁6,300円 [1973]4-8273-1507-8
中国の古典にあらわれた朝鮮・韓・倭について(井上秀雄)
四つの《神代》(大林太良)
聖間の『日本書紀私鈔』(久保田収)
古代牧馬考(佐藤虎雄)
摂・河・泉の神話(志賀剛)
和泉陶邑窯の成立(中村浩)
鎮魂祭の原像と形成(松前健)
『日本書紀』のいくさがたり(むしゃこうじ・みのる)
古代天皇の言盆について(山田英雄)
安倍氏と越国(米沢康)
見瀬丸山古墳の被葬者(和田萃)

<第6冊>横田健一編 三品先生追悼記念
462頁7,350円 [1972]4-8273-1506-X
大化前代の土地制度(泉谷康夫)
記紀にみえる氏族出自の記載について(伊野部重一郎)
巨勢氏について(今井啓一)
法隆寺問題の再検討(笠井昌昭)
道昭伝考(佐久間竜)
雄略紀に於ける蓋函王立年干支に対する所感(高林實結樹)
七世紀の東亜の変局と日本書紀(滝川政次郎)
神功皇后伝説の形成とその意義(塚口義信)
始馭天下天皇と御肇国天国(肥後和男)
安康・雄略紀について(日野昭)
神代史の原像(宮井義雄)
赤猪子の話(守屋俊彦)
檍原神話考(藪田嘉一郎)
蘇那曷叱智考(李丙烹)

<第5冊>三品彰英編 ウジ族と伝承
446頁品切 [1971]4-8273-1505-1
神功皇后の系譜と伝承(三品彰英)
尾張氏の系譜と天照御魂神(松前健)
オホ氏とその伝承(山上伊豆母)
加不至費直の系譜について(笠井倭人)
大帯日売考(塚口義信)
古代寺院と氏(安井良三)
推古・舒明・皇極三紀の災異記事(江畑武)
中臣氏とト部(横田健一)
日本古代ウジ族関係論文目録1(楢崎干城)

<第4冊>三品彰英編 神話特集
408頁 7,035円 [1970]4-8273-1504-3
大和平定(三品彰英)
大嘗祭と記紀神話(松前健)
服属伝承の研究(泉谷康夫)
原ヤマトタケル讃の民俗的考察(山上伊豆母)
日本書紀を中心とした池の伝承について(笠井昌昭)
日本書紀の新羅伝説記事(井上秀雄)
七、八世紀における王統系譜の形成(木下礼仁)
天真名井盟約神話異伝考(横田健一)
記、紀成立過程の一考察(直木孝次郎)

<第3冊>三品彰英編
240頁 品切 [1968]4-8273-1503-5
天ノ日矛の伝説(三品彰英)
河内大王家の成立(岡田精司)
上代史研究年表(稿)及び解説(笠井昌昭)
伴と部との関係について(直木孝次郎)
物部氏と仏教(安井良三)
皇祖大兄御名入部について(薗田香融)
十七条憲法の一考察(横田健一)

<第2冊>三品彰英編
376頁 品切 [1966]4-8273-1502-7
「継体紀」の諸問題(三品彰英)
『漢書』地理志と倭の地理像(江畑武)
『日本書紀』系譜記載の諸形式(横田健一)
倭の五王の時代(小林行雄)
物部連に関する二、三の考察(直木孝次郎)
任那日本府の行政組織(井上秀雄)
「孝徳紀」の仏教関係記事(安井良三)
律令制都宮の形成過程(八木充)
戸籍記載の女子年齢に関する疑問(岸俊男)
天皇家始祖神話の研究(岡田精司)

<第1冊>三品彰英編
300頁  5,460円 [1964]4-8273-1501-9
日本書紀所載の百済王暦(三品彰英)
記紀神話形成の一考察(泉谷康夫)
大伴金村の失脚(八木充)
祭官制成立の意義(上田正昭)
蘇我氏の部民支配(日野昭)
欽明朝における百済の対倭外交(笠井倭人)
造籍と大化改新詔(岸俊男)
天武天皇の葬礼考(安井良三)
持統天皇と呂太后(直木孝次郎)
隼人造籠考(小林行雄)
日本書紀素材論への一つの試み(木下礼仁)
Since:2004.6.20.
Renewal:2012.9.12.